スポンサーサイト

  • 2010.09.15 Wednesday

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 0
    • -
    • -
    • -
    • -

    浅川マキ

    • 2010.07.15 Thursday
    • 15:23
    アンダーグラウンド。

    再び。

    アンダーグラウンド。

    浅川マキは60's - 70'sのアンダーグラウンドを確立させた闇のヒーローの一人です。

    寺山修司に見出され。

    漆黒の衣装を身に纏い。

    場末の酒場でコンサートを重ね、
    先日亡くなるまで、最期の最期までアンダーグラウンドを貫きました。

    学園闘争激しくなる当時に、彼女の声は彼らにどのように届いたでしょうか。

    或いは、虚しく闇に消えたかもしれません。

    ある酒場にて
    客 : 「おい、ブス!」
    浅川マキ : 「知ってるわ」

    本日は寺山修司作詞のこちらのトラックをどうぞ...

    • 29
      • obir
        2010-10-29 17:27:18

      • obir
        2010-10-29 17:26:36

      • obir
        2010-10-29 17:25:35

      • obir
        2010-10-29 17:25:14

      • obir
        2010-10-29 17:24:23

      • obir
        2010-10-29 17:22:12

      • obir
        2010-10-29 17:21:40

      • obir
        2010-10-29 17:18:41

      • obir
        2010-10-29 17:10:57

      • obir
        2010-10-29 17:09:20

      • obir
        2010-10-29 17:08:05

      • obir
        2010-10-29 17:02:00

      • obir
        2010-10-29 17:00:37

      • obir
        2010-10-29 16:54:12

      • obir
        2010-10-29 16:53:39

      • obir
        2010-10-29 16:40:03

      • obir
        2010-10-29 16:39:07

      • obir
        2010-10-29 16:38:54

      • obir
        2010-10-29 16:38:09

      • obir
        2010-10-29 16:37:38

      • obir
        2010-10-18 12:35:49

      • obir
        2010-10-18 11:45:35

      • obir
        2010-10-18 11:45:26

      • obir
        2010-10-04 12:12:21

      • obir
        2010-09-16 13:01:19

      • obir
        2010-09-16 11:30:04

      • obir
        2010-09-16 11:29:47

      • obir
        2010-09-16 11:29:44

      • obir
        2010-09-16 11:24:48

    • -
    • comments(1)
    • trackbacks(0)
    • -

    犬神サーカス団

    • 2010.07.14 Wednesday
    • 15:21
    アンダーグラウンド。

    寺山修司亡き今、あの雑多な感じのするアンダーグラウンドは何処へ。

    小奇麗でお洒落なアンダーグランドなど、僕は必要ありません。

    もっと、格好悪くて、世から除外される存在で良いのではないかと僕は思うのです。

    小奇麗になった21世紀。

    そんな日本の地下で闇のエネルギーを増幅させる存在の一つ。

    本日は「犬神サーカス団」をご紹介したいと思います。

    伝説の漫画雑誌「ガロ」で結成されたバンド。

    初期アルバムには天井桟敷(寺山修司と横尾忠則の作った劇団)のメンバーが関わると云う
    アンダーグランド加減。

    最早ブラックメタルや歌舞伎を超越した残念な白塗りメイク。

    誰も救われない酷い歌詞の数々。

    こう云った貴重なバンドが日本のアンダーグランドシーンを支えていることは明白でしょう。

    数々の名曲の中僕のおすすめするトラックは少々ポップでメタル。

    犬神サーカス団を胸に。
    僕と地下へゆきませんか。。

    Go-Go's

    • 2010.07.13 Tuesday
    • 13:14
    もーいーくつねーるーとーなーつーやーすーみー♪

    日々の生活に夏を感じる空気になってきましたね。

    アメリカ西海岸の潮の香りが東京で嗜むことが出来ないかと日々ワクワクしますね。

    そんな夏の始まり〜真夏にオススメしたいのが「Go-Go's」
    80'sに余り陽の目を見なかったガールズバンド。

    だからこそ聴いて欲しい。

    演奏が下手?
    ヴォーカルが下手?
    曲が単調?

    音楽理論はクーラーの効いた講義室でおねがいします。


    真夏の日差しの下、タンクトップとゆるいデニム。

    サンオイルと潮の香り感じる街で。

    Vacationかけて、夏を感じよう!

    Euge Valovirta

    • 2010.07.12 Monday
    • 13:13
    カッコいいギターって何だろう。

    カッコいいメタルって何だろう。

    人それぞれ解釈は異なって当然です。

    その異なる解釈の中でもしも感性が一致したとすれば。

    まさに至高の喜びと云えるのではないでしょうか。

    本日ご紹介するEuge ValovirtaはGuitar Heroesと云う
    正にギターヒーローが集まるアルバムで其の才能を一気に世に知らしめたバンド。

    人によっては、ナメた曲調だなと思うかも知れません。

    しかし僕は、ここまでメタルの楽しみを伝えるトラックも中々無いのではないかなと
    思うのです。

    Hellbilly.

    Are u ready for fxxxing METAL?

    Perfume

    • 2010.07.09 Friday
    • 13:11
    21世紀になって一体何時間経過しただろう?

    未来ってなんだったんだろう。

    そんなアンニュイな気分に浸っているそこのあなた。

    僕といっしょにエレクトロ・ワールドへ飛び立ちませんか。

    僕はいつでも逝く準備出来てるよ。

    私の中でPerfume最高傑作。

    寧ろ、このトラックだけで良いと思うのです。

    アイドルだとか三人組だとか、

    最早どうでもいいです。

    いくよ..

    Dead Kennedys

    • 2010.07.08 Thursday
    • 20:13
    雨が多くてイライラしてる?

    そんな日には何もかも蹴っ飛ばすpoorなトラックでも聴こうよ!

    本日ご紹介するバンドはDead Kennedys.
    パンクの流れを汲むハードコアバンド。

    単調なメロディに人を馬鹿にしたようなVo。

    サイケなギターサウンドにスカッとする歌詞。


    効率化と進歩が再び我らのものに
    今や中性子爆弾が手に入ったから
    これは速く衛生的にことを始末する
    手ごわい敵を蹴散らすけれど
    敵の持ち物は全然無傷
    戦場の感覚ではなく完全にくつろいだ感覚
    --
    シャンペンの飛び散る泡を見ろ
    犯罪率もゼロになり
    自由な感覚取り戻すんだ
    おお、人生は君と一緒の夢、リリー・ホワイトよ
    ジェーン・フォンダが今日の映画の中で
    リベラルにこれでいいのよと訴える
    だから着飾って踊り明かそうぜ


    街へ繰り出すよ...

    Flogging Molly

    • 2010.07.07 Wednesday
    • 20:12
    良いシーンには良い音楽がつきもの。

    本日の様にめでたい日には
    どうぞFlogging Mollyでもかけて楽しく踊りましょう!

    アイリッシュパンクのルーツと言えばPogues.
    彼らの素晴らしき伝統をFlogging Mollyなりに解釈し、
    ギネスが大変合うバンドと相成りました。

    恋人がいる人は恋人と。
    僕のように独りの人は、周りの誰かと。

    ギネス片手に踊ろう!
    (素晴らしいトラックですので、是非是非聴いてみてください)

    Iwrestledabearonce

    • 2010.07.06 Tuesday
    • 20:11
    東京渋谷。
    様々な人間が行き交い、そこにはカオスが生じます。

    そんなカオスの中、本日ご紹介するバンドは
    Iwrestledabearonce.

    僕なりに訳すと、
    「あたし、クマとレスリングしたことあるんだけど」

    この系統のバンドのルーツは
    The Dillinger Escape Plan(DEP).
    デスメタル、ジャズ、クラシック、ブラックメタル、ロック
    多くのジャンルをゴチャ混ぜにしたジャンルを
    呼び様も無いので、いつしか「カオティック」と呼ばれるようになりました。

    DEP以降「カオティックごっこ」なフォロワーが沢山現れましたが、
    Iwrestledabearonceは久々に本物なバンドの登場となりました。

    まずKrysta Cameron嬢のVoが凄まじく、
    中々キュートなルックスからここまでの声色が出るのかとびっくりします。

    中には昨日ご紹介させて頂いたIn This Momentバリの美しい声も聴かせてくれ、
    その直後にデスヴォイスを発すると云うまさにカオスなトラックも存在します。

    アルバムのジャケットも80'sでサイケ且つカオティック。

    文句なしのバンド。

    今後もこのベクトルでの成長が本当に楽しみです。
    今回ご紹介するトラックで、あなたはいくつの声色を見つける事が出来ますか?

    In This Moment

    • 2010.07.05 Monday
    • 20:10
    雨の多いここ最近。
    湿度が高く蒸し暑いですが、
    ただでサウナが楽しめると思えばラッキーですよね。

    雨の中ちょっぴり感傷的になる日もあるかと思うのですが、
    そんな日にオススメなのが、
    In This Moment.

    Maria Brinkの素晴らしいVoがリードする
    エモーショナルメタル.

    1stも彼女の咆哮が素晴らしかったのですが、
    2ndで更に化けました。

    若干一辺倒だったVoに緩急が付けられ、
    聴く者をまさに引き込みます。

    メロディも素晴らしく、激しいだけのメタルコアではなく、
    Voに合わせた叙情性豊かなそれに仕上がって居ます。

    僕のおすすめするトラックは
    [Endless Days And Nights]
    初めて聴いた時、その感情の煽り方に完全にやられました。

    歌詞も素晴らしいので、聴き取れる方はそちらも楽しんでみてください。

    雨よ、もっと降れ。

    Anaal Nathrakh

    • 2010.07.02 Friday
    • 20:09
    とうとう、このバンドをご紹介する日がやって参りました。
    【BLACK METAL】
    ブラックメタルと一口に云っても、
    ピュアブラックメタル、スーサイダルブラックメタル
    シンフォニックブラックメタル
    様々御座いますが、
    Anaal Nathrakh(AN)はサイバーモダンブラックメタルとでも云いましょうか。

    もはや、暴力性と狂気そして殺気のみの表現
    「自然とこうなりました by 無印良品」

    数枚のアルバムが世に輩出されていて、
    その全てが傑作なので、何かひとつオススメのトラックを
    と云われても困るのですが、
    今回は[Blood Eagles Carved ON The Backs Of Innocents]をあなたに。

    歌詞はあるのですが、ハッキリ言って
    世界中の混沌を一点に集約し、音で人を殺める事を目的としているのでは無いかと感じるほど。

    Blast
    Vocal
    Melody

    この全てが完璧。
    現在、私のdeathPodに格納されたトラックで再生回数No1。
    「革命的な、あまりに革命的な」
    ANに捧げます。
    すべてを覆すこの混沌。
    ニーチェの思想を元にしたと云うこの世界観。

    「神は死んだ」

    最大音量でお楽しみください。

    PR

    calendar

    S M T W T F S
       1234
    567891011
    12131415161718
    19202122232425
    2627282930  
    << November 2017 >>

    selected entries

    archives

    recent comment

    links

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM